キヤノン販売、東京・銀座に「キヤノンプラザ銀座」をオープン | RBB TODAY

キヤノン販売、東京・銀座に「キヤノンプラザ銀座」をオープン

IT・デジタル デジカメ

キヤノンプラザ銀座
  • キヤノンプラザ銀座
  • コンパクトデジタルカメラコーナー
  • デジタル一眼レフカメラコーナー
  • 交換レンズコーナー
  • 黄色の製品説明ボタンを押すと、Webの製品情報ページにアクセス。最寄りの液晶ディスプレイに説明が表示される
  • 液晶ディスプレイは、すべてタッチパネルスクリーンを採用しており、画面に指で触れることで操作できる
  • セミナーの模様
 キヤノン販売は25日、東京・銀座に同社のショールームとギャラリー、サービスセンターを統合したコミュニケーションスペース「キヤノンプラザ銀座」を移転オープンした。移転場所は、銀座3丁目9-7 トレランス銀座ビルディング。同社は、本ビルの地下1階〜2階を利用している。

 キヤノンプラザ銀座の1階には、パーソナル製品のショールーム「キヤノンデジタルハウス銀座」と、フォトギャラリー「キヤノンギャラリー銀座」(旧名称はキヤノンサロン)がある。

 キヤノンデジタルハウス銀座では、コンパクトデジタルカメラ「IXY DIGITALシリーズ」「PowerShotシリーズ」、デジタル一眼レフカメラ「EOS DIGITALシリーズ」の現行ラインアップがすべて展示されており、いずれも自由に撮影できる。フロアの中央には、マクロ撮影などを試すための生花が置かれているほか、天井には4方向に照明器具があり、ライティングを細かく調整することも可能だ。

 ガラスショーケースの中には、さまざまな一眼レフ用交換レンズが用意されていた。最も超望遠レンズは「EF400mm F2.8L IS USM」。Lレンズの中でも、定評ある大口径望遠ズームレンズ「EF70-200mm F2.8L IS USM」は並べられていたが、大口径望遠レンズ「EF300mm F2.8L IS USM」はなかった。これら展示されているレンズは、スタッフに言えば、どれでもお好みのレンズをEOSカメラに装着可能だ。

 プリンタについては、インクジェットプリンタ/複合機「PIXUS」、コンパクトフォトプリンタ「SELPHY」、レーザー/オフィス向けインクジェットプリンタ「Satera」などの主要モデルを展示。デジタルカメラで撮影した写真をプリントアウトするサービスも行っている。

 ほかにも、銀塩カメラやスキャナ、デジタルビデオカメラ、ファクスなどパーソナル製品を中心に展示されている。

 デジタルハウス内の正面奥側には、セミナーが行われるオープンスペースを用意。営業日は毎日、同社製品のさまざまな無料セミナーが開催されている。オープニングセミナーでは、EOS Kiss Digital Nやコンパクトデジタルカメラの操作方法を紹介していた。

 デジタルハウスの右奥には、キヤノンギャラリー銀座への連絡通路がある。キヤノンギャラリー銀座では、オープンを記念する写真展として、「EOS DIGITALによるプロの自写像2005」を開催中。期間は5月14日まで。

 2階には、一般ユーザー用の修理窓口「キヤノンサービスセンター銀座」と、プロカメラマン用の修理窓口「プロシューマーサービス」を設置。なお、2階の入り口は、1階デジタルハウスの入り口とは別になっている(デジタルハウスに向かって最も左側の入り口)。したがって、同じビルでありながら、1階のデジタルハウス内からは2階に行くことができないため、2階に行くには1度外に出て隣の入り口から入らなければならないので注意。

 さらに、地下1階には、プロカメラマンのための交流スペース「キヤノンサロン for Professional」を用意。本サロンは、ゆったりとしたスペースで、プロカメラマン同士が情報交換することを目的に作られている。ほかにも、大判プリントを試すために、Power Mac G5を1台、Apple Cinema HD ディスプレイおよびNEC三菱のAdobe RGB対応ディスプレイ各1台のデュアル画面構成を用意し、B0ノビ対応の大判カラーインクジェットプリンタ「imagePROGRAF W8400」を設置していた。また、本棚には棚いっぱいに写真集が、壁には写真が飾られていた。なお、一般ユーザーは入室できない。

 キヤノンデジタルハウス銀座、キヤノンギャラリー銀座、キヤノンサービスセンター銀座の営業日は、日と祝日が休み。プロシューマーサービスは土日と祝日が休み。営業時間は、いずれも10時〜19時となる。
《高柳政弘》

特集

page top