マウスコンピューター、12.1型WXGA液晶を搭載したノートPC「m-Book SWシリーズ」 | RBB TODAY

マウスコンピューター、12.1型WXGA液晶を搭載したノートPC「m-Book SWシリーズ」

 PCブランド「マウスコンピューター」を展開するMJCは、12.1型WXGA液晶ディスプレイ搭載のモバイルノート「m-Book SWシリーズ」2機種6モデルを発売した。

IT・デジタル ノートPC
 PCブランド「マウスコンピューター」を展開するMJCは、12.1型WXGA液晶ディスプレイ搭載のモバイルノート「m-Book SWシリーズ」2機種6モデルを発売した。
  •  PCブランド「マウスコンピューター」を展開するMJCは、12.1型WXGA液晶ディスプレイ搭載のモバイルノート「m-Book SWシリーズ」2機種6モデルを発売した。
 PCブランド「マウスコンピューター」を展開するMJCは、12.1型WXGA液晶ディスプレイ搭載のモバイルノート「m-Book SWシリーズ」2機種6モデルを発売した。

 今回発売されたのは、Celeron Mプロセッサ320(1.30GHz)搭載の「m-Book SW321MC」と、Pentium Mプロセッサ730(1.60GHz)搭載の「同 SW730MP」の2機種。それぞれの機種に、WindowsXP HomeEdition(SP2)インストールモデルと、OSに加え「Office Personal 2003」がインストールされたモデル、OS無しモデルの3モデルが用意されている。価格は「SW321MC」が順に131,040円、150,990円、120,540円。「SW730MP」は、157,290円、177,240円、146,790円(すべて税込み)

 m-Book SWシリーズは、軽くて堅牢なアルミニウム合金ボディを採用したA4サイズのモバイルノートPC。1280×800ドット表示の12.1型WXGA光沢液晶ディスプレイを採用するほか、光学ドライブには2層DVD+R書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを採用している。

 インターフェースには、Ethernet、USB2.0×3、IEEE1394(4ピン)×1、PCカードスロット(TypeII)×1、3in1カードリーダー(MMC/SD/メモリスティック)、外部VGA出力を装備するほか、IEEE802.11a/b/g対応の無線LAN機能を内蔵している。

 本体サイズは幅303×奥行き225×高さ28mmで、重さは約1.84kg。充電池にはリチウムイオンバッテリーが採用されており、フル充電時で約2.5時間使用可能。また、オプションとして5時間駆動が可能な大容量予備バッテリーも販売される(価格:13,650円)。

 各機種のメインスペックは以下のとおり。

●m-Book SW321MC
 CPU:Celeron Mプロセッサ 320(1.3GHz)
 チップセット:Intel 915GM
 メインメモリ:256Mバイト×1
 HDD(Ultra ATA/100):40Gバイト

●m-Book SW730MP
 CPU:Pentium Mプロセッサ 730(1.60GHz)
 チップセット:Intel 915GM
 メインメモリ:256Mバイト×2(512Mバイト)
 HDD(Ultra ATA/100):60Gバイト
《村上幸治》
page top