「スター・ウォーズ エピソードIII」予告編完全版の配信スタート。世界初の展示会も | RBB TODAY

「スター・ウォーズ エピソードIII」予告編完全版の配信スタート。世界初の展示会も

 スター・ウォーズ日本公式サイト「STAR WARS Japan.com」では、今年7月9日に日本公開される「スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐」の予告編完全版を公開した。

エンタメ その他
 スター・ウォーズ日本公式サイト「STAR WARS Japan.com」では、今年7月9日に日本公開される「スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐」の予告編完全版を公開した。対象はファンクラブ会員限定。

 同完全版はいままで公開されている予告編とちがい、本編から2分以上もの映像を使っている。また3月15日(火)からは、会員以外の一般向けにも無料配信される予定だ。

 同サイトは、アメリカの公式サイト「STAR WARS.com」の日本語版だ。予告編完全版は、同サイトが運営している有料ファンクラブ「ジェダイ・オーダー」の会員向けに公開されている。クラブ会員には2種類あり、月額会費(税込)は「一般会員」630円、「プレミアム会員」1,050円。どちらの会員でも視聴できる。

 視聴するにはSo-netのユーザーIDが必要だが、同社の「こんてんつコース」(入会金・月会費無料)に入会すればIDは取得可能。そののち、会員登録すればOKだ。

 配信帯域は、500kbps、300kbpsの3帯域。再生ソフトはWindows Media Player 9以上。3月12日(土)からはQuickTime6以上でも視聴できるようになる。

 今後、3月22日(火)には会員向けに配信帯域1Mbpsで配信開始するほか、日本語字幕版や日本語吹き替え版も順次公開する予定だ。

 一方、3月18日からは名古屋の「ささしまミュージアム」で、展覧会「アート オブ スター・ウォーズ」が開催される。エピソードIII関連の展示会は、同展が世界初だ。

 そこでファンクラブのプレミアム会員向けに、会場が閉館してから会員だけで展示を観られる無料の特別イベントも企画している。イベントの開催日は4月16日、5月22日、6月4日。東京からはバスツアー(旅行代金は19,000円)もある。

 この展示会のレポートは、先月同サイト内にオープンした日本独自のコンテンツ「ミュージアム」コーナーでもレポートされる。

 また4月21日〜4月24日には、アメリカ・インディアナ州でスター・ウォーズの祭典「セレブレーション3」が開かれるが、こちらもプレミアム会員向けに特典を盛り込んだ特別ツアーを開催する。4月20日(水)〜4月24日(日)の3泊5日。旅行代金は189,000円。
《松岡美樹》

特集

page top