ソニー、複数のメモリカードスロットを搭載したデジタルフォトプリンター「DPP-FP50」 | RBB TODAY

ソニー、複数のメモリカードスロットを搭載したデジタルフォトプリンター「DPP-FP50」

IT・デジタル デジカメ

 ソニーマーケティングは、複数のメモリーカードスロットを搭載し、パソコンを使わずに写真画質プリントやさまざまな編集が楽しめるデジタルフォトプリンター「DPP-FP50」を5月20日に発売する。価格は24,990円。

 DPP-FP50は、メモリースティックスロットだけでなく、SDカードとコンパクトフラッシュカードのスロットも装備しているのが特徴。そのため、CFアダプターを使用することでxDピクチャーカードにも対応できる。なお、メモリースティックデュオはアダプターを使わず直接挿入できるほか、メモリースティックPROにも対応する。

 印刷可能フォーマットは、DCF2.0準拠/Exif2.21準拠/JFIFのJPEGファイルと、Exif2.21準拠のTIFFファイルに加え、24ビットWindows形式のBMPファイルに対応。プリント解像度は300×300dpiで、Lサイズであれば約57秒、ポストカードサイズは約67秒でプリントできる。

 もう1つの特徴が、テレビと接続することでパソコンがなくても画像編集が行える点。この編集機能は付属のリモコンで操作でき、オリジナルカレンダーの作成や各種エフェクトなどの画像加工、赤目補正が行えるものとなっている。
《村上幸治》

特集

page top