日立GST、HDD搭載家電メーカー向けのサポートセンターを世界5個所に設置 | RBB TODAY

日立GST、HDD搭載家電メーカー向けのサポートセンターを世界5個所に設置

IT・デジタル その他

 日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST)は、ハードディスクを搭載する情報家電機器メーカーを対象とした設計サポートセンターをワールドワイドで5個所に開設すると発表した。名称は「日立デザインスタジオ」で、日本(神奈川・藤沢市)、英国(ハンプシャー州ハバント)、米国(ミネソタ州ロチェスター)、中国(深セン)および台湾(台北)に4月、開設される。

 日立デザインスタジオは、現在最も成長率の高い3つの市場(携帯音楽プレーヤー、HDDレコーダー、携帯電話)を中心に活動するとしている。また、革新的なアプリケーションが生まれやすくHDD搭載のサポートを最も必要とする中小規模の顧客や、HDD内蔵の携帯電話など新アプリケーションを検討される顧客へも積極的にサポートをしていく計画だという。

 このスタジオの開設により、日立GSTは情報家電機器へのHDD搭載を促進し、HDD業界で最も成長している情報家電向けの市場をリードするとしている。

 なお、日立GSTでは情報家電市場への取り組み強化の一環として、2005年の1.0型HDD Microdriveの生産を、HDD搭載携帯電話向けの「Mikey(2005年下半期製品化)」を含めて、2004年の2倍と計画。また、1.8型Travelstar製品も同様に、携帯情報端末用途の「Slim(2005年下半期製品化)」を含めて2004年の3倍。さらに、HDDレコーダ市場の伸長により、3.5型Deskstar製品の情報家電向けを、2004年より50%の生産増と計画している。

 日立デザインスタジオでサポートされるアプリケーションは以下のとおり。

●記録機器
・デジタルビデオレコーダー(DVR)
・パーソナルビデオレコーダー(PVR)
・セットトップボックス(STB)
・デジタルオーディオレコーダー(DAR)
・iVDR(リムーバブルHDD)
・ケーブルTVアダプタ
・DVD/HDDレコーダー
●写真・映像機器
・デジタルカメラ
・デジタルビデオカメラ
●家庭用AV機器
・パーソナルビデオプレーヤー(PVP)
・ビデオビューア
・パーソナルメディアプレーヤー(PMP)
・携帯オーディオプレーヤー
・薄型テレビ
●産業機器
・外付けストレージ
・USB接続機器
・事務・産業向け機器(プリンタ、コピー、スイッチ、ルータ、構内電話交換機、産業ロボット、計測制御機器)
●携帯機器
・携帯電話
・PDA
・ウエアラブルPC
・携帯GPS
・複合機器
●自動車関連機器
・カーコンピュータ
・カーナビゲーション
・テレマティクス
●娯楽機器
・家庭用ゲーム機
●レファレンス設計
・HDD搭載の各種試作機の設計開発サポート
《村上幸治》

特集

page top