リコー、広角端28mmの4.8倍ズームと2.5型液晶搭載の500万画素デジカメ「Caplio R2」 | RBB TODAY

リコー、広角端28mmの4.8倍ズームと2.5型液晶搭載の500万画素デジカメ「Caplio R2」

IT・デジタル デジカメ

 リコーは、2.5型液晶ディスプレイ搭載の薄型ワイドズームデジタルカメラ「Caplio R2」を3月18日に発売する。本体色はシルバーとブラックの2色で、価格はオープンで、実売予想価格は45,000円前後。1月に発売された「Caplio R1V」の上位機種となる。

 Caplio R2は、有効502万画素の1/2.5型CCDと28〜135mmの4.8倍ワイドズームレンズを搭載。これに加え、大型液晶の搭載や大画面を活用した多彩な表示機能などによる操作性の向上、フォーカス精度の向上、独自アルゴリズムによる自動露出調整機能を実現している。また、内部回路の省電力化により、付属の充電式バッテリーで約500枚(CIPA規格)の長時間撮影が可能なほか、単3形アルカリ乾電池にも対応している。

 起動時間は約0.8秒、レリーズタイムラグは約0.06秒、撮影間隔は約1.0秒。記録メディアはSDメモリーカード/マルチメディアカードに対応するほか、本体には28Mバイトのメモリを内蔵している。

 本体サイズは幅100.2×高さ55.0×厚さ25.8mmで、重さは約195g。
《村上幸治》

特集

page top