ネットシネマ「回転 Life is like a merry−go−round」の舞台挨拶は奇妙な味? | RBB TODAY

ネットシネマ「回転 Life is like a merry−go−round」の舞台挨拶は奇妙な味?

エンタメ 映画・ドラマ

舞台挨拶の最後にポーズを取る主演の岩佐真悠子ら出演者たち
  • 舞台挨拶の最後にポーズを取る主演の岩佐真悠子ら出演者たち
 回転寿司屋を舞台にしたネットシネマ「回転 Life is like a merry−go−round」の配信がスタートしたが、2月2日には監督の松村聖治以下、岩佐真悠子、つるの剛士、カイヤ、正木蒼ニら出演陣の舞台挨拶が行われた。

 関係者の話によれば、作品の撮影はたった1日の強行スケジュールだった。

 監督の松村聖治は「1日で撮り切るのは冒険だった。出演者同士の挨拶もそこそこに、衣装合わせも撮影当日にした」とまず苦労話をチクリ。

 「回転寿司屋に入ったのは人生で2度目」という主演の岩佐真悠子は、「『回転』と聞いて、初めは何だかわかりませんでした。自分が回転するのかな? なんて想像しちゃった」などとおトボけをかます。

 つるの剛士もシビアだった撮影日程にふれ、「今日、控え室でみんなとけっこう話したんですが、出演者同士がこんなに長時間話したのは初めてです(笑)」と、物語以上に不思議な舞台裏を明かした。

 一方、正木蒼ニはウケ狙いに走る。「回転寿司は撮影してる間中ずっと回りっぱなしでした。最後にはマグロがビーフジャーキーみたいになってましたよ」と笑いを誘う。

 また映画初出演のカイヤは爆弾発言を披露。「撮影に使ったお寿司屋さんは、実は夫の麻世(俳優の川崎麻世)と結婚前によく行ってた店なんです」。

 これには共演陣がいっせいに驚きの声をあげ、「それ、いま作って話してるでしょう?」とツッコミの集中砲火を浴びせた。

 カイヤによればこれは本当の話だとのこと。作品の中身同様、「奇妙な偶然は回転寿司屋にアリ」な舞台挨拶だった。
《松岡美樹》

特集

page top