ライブドア、「livedoor アバター」でチャリTの販売を開始 | RBB TODAY

ライブドア、「livedoor アバター」でチャリTの販売を開始

エンタメ その他

 ライブドアではポータルサイト「livedoor」のアバターサービスである「livedoor アバター」で、売り上げ全額が義援金として寄付されるチャリティアイテム「チャリT」(Tシャツ)の販売を始めた。

 ユーザが自分の分身であるアバターのためにチャリTを買えば、売り上げ1am(アバターマネー)につき、同社が1円の寄付を行うしくみだ。

 チャリTには災害などから復活する意味をこめて不死鳥(フェニックス)の羽がプリントされており、「赤」「白」「黒」の3色がある。価格は各色とも250am(寄付金250円)。

 「赤」の売り上げは新潟中越地震、「白」の売り上げはスマトラ沖地震、また「黒」の売り上げは介助犬育成を支援するため全国介助犬協会へ寄付される。
《松岡美樹》

特集

page top