ノア、香港大手ISPより電力線通信によるブロードバンド配信システムを受注 | RBB TODAY

ノア、香港大手ISPより電力線通信によるブロードバンド配信システムを受注

ブロードバンド その他

 韓国ゼルライン(Xeline)の総販売代理店ノアは12日、香港大手ISPであるパワーコムより、ゼルラインの高速電力線通信(PLC)モデムを利用した商用ブロードバンド配信システムを受注したと発表した。

 同システムはPLCモデム2万セットなどから構成され、初年度で数億円規模になる見込み。これは、アジア圏では最大規模の高速電力線通信システムの受注になるという。パワーコムは、系列会社が保有するホテルの客室や、高層マンションの居住者に対して、ブロードバンドインターネット接続を提供する事業を主に展開している。

 ゼルラインの日本法人であるゼルライン・ジャパンは、この実績を元に、2006年に予定されている総務省の高速電力線通信に関する通信法改正に向け、今後、日本国内での営業を強化していく方針だとしている。

 ゼルラインは、電力線を高速データ通信媒体として使用するPLC技術を自社開発し、24Mbps高速PLCチップや、同チップを搭載したPLCモデムを使用したインターネットアクセスシステムを製品化している。同システムは回線敷設を必要とせず、電源ソケットに接続するだけで家庭内通信などを実現するブロードバンドシステムとして、韓国内でも韓国電力による商用化が決定しているという。
《村上幸治》

特集

page top