アルカテル、検疫ネットワーク対応の小型高機能ギガビットスイッチを発売 | RBB TODAY

アルカテル、検疫ネットワーク対応の小型高機能ギガビットスイッチを発売

エンタープライズ モバイルBIZ
OmniSwitch 6800の各モデル。上から、OS6800-24、OS6800-48、OS6800-U24
  • OmniSwitch 6800の各モデル。上から、OS6800-24、OS6800-48、OS6800-U24
 日本アルカテルは、ユーザ認証VLANに対応したL2/L3ギガビットイーサネットスイッチ「OmniSwitch 6800」を発表した。アップリンクに1〜2ポートの10GbEを搭載、スイッチング能力は最大160Gbps(OS6800-48 / OS6800-P48)となっている。

 1Uサイズの小型筐体ながら、スタック対応や冗長電源ユニットによる可用性の確保や、サードパーティの検疫ネットワークや侵入検知、資産管理システムと連動してのセキュリティが利用可能。Power over Ethernetに対応したモデルもラインアップされる。

 同社の検疫ソリューション「アルカテル・トラスト・ネットワークの」マルチレイヤ・セキュリティ技術に対応したボックス型のスイッチとしては、初の製品になる。

 OmniSwitch 6800ファミリは以下のとおり。

OS6800-48 / OS6800-P48
 ポート数:
  10/100/1000イーサネットポート:×44
  10/100/1000 または MiniGBIC(SFP):×4
 価格:210万円〜
 出荷時期:出荷中

OS6800-24 / OS6800-P24
 ポート数:
  10/100/1000イーサネットポート:×20
  10/100/1000 または MiniGBIC(SFP):×4
 価格:160万円〜
 出荷時期:出荷中

OS6800-U24
 ポート数:
  MiniGBIC(SFP):×20
  MiniGBIC(SFP) または 10/100/1000:×4
 価格:150万円〜
 出荷時期:2005年第1四半期(予定)
《伊藤雅俊》

特集

page top