オリンパス、E-300/E-1対応の統合画像処理ソフト 高度なRAW現像やカメラコントロールが可能 | RBB TODAY

オリンパス、E-300/E-1対応の統合画像処理ソフト 高度なRAW現像やカメラコントロールが可能

IT・デジタル その他
 オリンパスイメージングは、高度なRAW現像機能やカメラコントロール機能を装備した、デジタル一眼レフカメラ「E-1/E-300」用デジタルワークフロー統合ソフト「OLYMPUS Studio 1.2」を12月下旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は13,000円前後。

 OLYMPUS Studio 1.2では、800万画素の普及型デジタル一眼レフカメラ「E-300」のRAW現像やカメラコントロール機能にも対応。RAW現像の高速化に加え、自動トーン補正機能を追加。画像の部分ごとに最適なトーンカーブを自動的に設定し補正することで、画像が黒く潰れがちな影の部分も階調を残し、より人の眼で見た印象に近い画像を得られるという。

 対応OSは、Windows 98SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.1〜9.2.2およびMac OS X 10.1.3以降。

 なお、同社Webサイトでは、OLYMPUS Studio 1.2を30日間無料で利用できる試用版のダウンロードサービスも行う。
《高柳政弘》

特集

page top