J-COM札幌、0AB〜J番号のIP電話を2005年春に開始へ | RBB TODAY

J-COM札幌、0AB〜J番号のIP電話を2005年春に開始へ

ブロードバンド その他

 ジュピターテレコム(J-COM)が運営するジェイコム札幌(J-COM 札幌)は、2005年春をめどに、緊急通報も可能で0AB〜J番号のIP電話サービス『J-COM Phone』を開始すると発表した。

 J-COMではすでに電話サービスとして同名の『J-COM Phone』を提供しているが、これは回線交換型のもの。これに対して今回導入されるのは、IP電話でありつつ従来の回線交換型の固定電話と同等の通話品質が確保され、110番や119番への通報も可能なサービス。

 IP電話用の「050」番号でなく、従来固定電話に使われて来た「0AB〜J」の電話番号体系を採用し、さらに番号ポータビリティにより、現在NTT東の固定電話で使っている番号も利用できる。月額基本料金は1,397円(税込)と、NTT東のそれを大幅に下回る。さらに、多彩なオプションサービスが低価格で用意される予定という。

 サービス提供地域は札幌市の一部地域(約35万世帯)で、2005年1月より試験サービスを行い、春には商用サービス開始を予定している。
《小笠原陽介》

特集

page top