ネットワーク内部の不審なパケットをリアルタイムに検知・通報する新型アプライアンス | RBB TODAY

ネットワーク内部の不審なパケットをリアルタイムに検知・通報する新型アプライアンス

エンタープライズ モバイルBIZ

認識した資産およびネットワーク情報を視覚化する。収集した情報を直感的に把握することが可能
  • 認識した資産およびネットワーク情報を視覚化する。収集した情報を直感的に把握することが可能
  • 自動検出して一覧表示された資産の脆弱性情報
  • Intrusion Sensorが検知したアラート情報に脅威レベルを示すインパクトフラグを付加する
 三井物産セキュアディレクションは、パッシブ型ネットワーク監視アプライアンス「Sourcefire RNA Sensor 2.0」(以下RNA Sensor 2.0)の国内販売を開始した。外部からの不正アクセスをパターンマッチングによって検出する「侵入検知システム(IDS)」と異なり、ネットワーク内部の不審な挙動を検知して報告できるのが特徴。

 RNA Sensor 2.0は、ネットワーク中を流れるパケットを監視することにより、ネットワークやサービスに負荷をかけることなく、ネットワーク内の不審なトラフィック、許可なく接続されたPCやアクセスポイント、許可なく起動されているサービスなどを検出することができる。OSの脆弱性をリストアップしたり、パッシブフィンガープリンティング技術によってパケットからOSの種類を推定することも可能だ。脆弱性情報については、シマンテック社のSecurityFocus脆弱性データベースを採用している。

 管理画面には3Dビジュアライザー機能を搭載、3次元表現されたネットワークトポロジマップによってどのネットワークのどの資源が脆弱性を持つのか、といったことを把握しやすい。既存のネットワーク管理製品などとの連動については、RNA Sensor2.0は電子メールやSNMPトラップ、Syslogによるアラート送信で対応可能。

 RNA Sensor 2.0はラックマウント型アプライアンスとして提供され、ベースノード数に応じて4モデルがラインアップされている。

RNA Sensor 500:
 ベースノード数 16
 搭載ポート 10/100Mbps×2
 価格 599,000円

RNA Sensor 1000:
 ベースノード数 256
 搭載ポート 10/100Mbps×2
 価格 899,000円

RNA Sensor 2000:
 ベースノード数 1024
 搭載ポート 10/100/1000Mbps×2
 価格 1,799,000円

RNA Sensor 3000:
 ベースノード数 8192
 搭載ポート 10/100/1000Mbps×2
 価格 4,499,000円
《伊藤雅俊》

特集

page top