松下、ショールーム「パナソニックセンター東京」をリニューアルオープン | RBB TODAY

松下、ショールーム「パナソニックセンター東京」をリニューアルオープン

IT・デジタル ノートPC

 松下電器産業と松下電工は、松下グループの総合情報発信拠点として、2つのコーポレートショールーム「パナソニックセンター東京」(有明)および「ナショナルセンター東京」(汐留)を10月5日にリニューアルオープンする。
  •  松下電器産業と松下電工は、松下グループの総合情報発信拠点として、2つのコーポレートショールーム「パナソニックセンター東京」(有明)および「ナショナルセンター東京」(汐留)を10月5日にリニューアルオープンする。
  •  松下電器産業と松下電工は、松下グループの総合情報発信拠点として、2つのコーポレートショールーム「パナソニックセンター東京」(有明)および「ナショナルセンター東京」(汐留)を10月5日にリニューアルオープンする。
  • ショールームの構成
 松下電器産業(松下電器)と松下電工は、松下グループの総合情報発信拠点として、2つのコーポレートショールーム「パナソニックセンター東京」(有明)および「ナショナルセンター東京」(汐留)を10月5日にリニューアルオープンする。

 松下電器と松下電工は、2004年4月に包括的な協業関係を結び、両社の成長に向けた具体的なコラボレーションを検討してきた。両社は従来、松下電器の「パナソニックセンター」と松下電工の「汐留ショウルーム」があったが、これらを「2つでひとつ」の考えのもと再構築し、大幅に改装、名称も新たにオープンする。

 パナソニックセンター東京は、「未来に向かっての夢実現〜先進・未来」をコンセプトに、2大事業ビジョンである「ユビキタスネットワーク社会の実現」と「地球環境との共存」を訴求するのが目的だ。1階フロアは、ユビキタスネットワークショーケースと、セキュリティシステムなど松下電工の商品も含めて、未来のくらしから現在の新製品に至るまでを実体験できる。2階フロアでは、環境への取り組みや技術を訴求すると共にユニバーサルデザインの研究も紹介。

 ナショナルセンター東京では、「今日のくらしの夢実現〜生活・くらし」をコンセプトに、松下グループが目指す「生活快適ソリューション」を提案する。1階フロアは、従来のくらしの提案に加え、AVやセキュリティなど松下電器のデジタルネットワーク商品群を展示。2階フロアは、パナソニックやナショナルの商品を実際に体験できる。

 松下電器と松下電工では、これら2つの拠点を共同で運営し、ユーザーとのコミュニケーションをさらに強化していくという。

 なお、10月5日〜11月4日の間、パナソニックセンター東京とナショナルセンター東京の両方の来場者の中から、抽選で東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーのパスポートをプレゼントする。
《高柳政弘》

特集

page top