JBS日本福祉放送が「アテネパラリンピック」大会をブロードバンド配信 | RBB TODAY

JBS日本福祉放送が「アテネパラリンピック」大会をブロードバンド配信

エンタメ その他

 社会福祉法人JBS日本福祉放送は「アテネ・パラリンピック特集」サイトにおいて、アテネパラリンピック大会の模様を選手のドキュメントを中心にブロードバンド動画配信する。

 「パラリンピック」は、4年に一度開催される世界最大の障害者スポーツの祭典。アテネ大会は、19種目の競技数に世界130か国から約4,000名の選手を迎え、9月17日から28日までの期間開催される。なお、日本からは163名の選手が出場する予定だ。

 本プロジェクトには、タレントの小野真弓と、歌手で俳優の野村将希が応援大使として参加。日本福祉放送募金の音声出演、募金サイトでの活動報告やBBSへの参加・日記掲載、ラジオ本放送への応援出演などを行う予定だ。

 JBS日本福祉放送(社会福祉法人 視覚障害者文化振興協会)は、新聞・雑誌等の文字情報を音訳することによる視覚障害者向けの放送サービスを行う日本で唯一の放送局。今回はラジオ本放送に加え、ブロードバンドを利用した無料動画配信を行うことで、一般視聴者の同大会への認知度向上を目指す。

 現在、「日本福祉放送アテネ・パラリンピック特集」サイトでは、日本選手団 合同記者会見、日本選手団 結団式・壮行会 、日本選手団 アテネ選手村入村式の模様がWindows Media・300kbpsで無料公開されている。
《編集部》

特集

page top