アニメ/コミック/アイドル/ゲームのマニア消費者層は約280万人。2,580億円の市場を形成 | RBB TODAY

アニメ/コミック/アイドル/ゲームのマニア消費者層は約280万人。2,580億円の市場を形成

 野村総合研究所は、特有の消費行動を示す日本の「マニア消費者層」の市場規模と実態調査の結果を発表した。調査はDVDやCD、雑誌の売上げ、コンサートの動員数、などをもとに実施された。

ブロードバンド その他
 野村総合研究所は、特有の消費行動を示す日本の「マニア消費者層」の市場規模と実態調査の結果を発表した。調査はDVDやCD、雑誌の売上げ、コンサートの動員数、などをもとに実施された。

 この調査結果では、マニア消費者層は「独自の価値観に基づいて、金銭および時間を優先的に配分する消費行動」「自己流の解釈に基づく世界観の再構築と二次的創作活動」を繰り返しながら理想像を追求しているとしている。さらに、コミュニティの形成も強くインターネットの利用と情報発信率が高いのも特徴だ。

 今回の調査ではアニメ、コミック、ゲーム、アイドル、組み立てPCの5分野を対象に行われた。組み立てPCを除くコンテンツ系の市場規模は約2兆3,000億円だが、このうち約11%の約2,900億円をマニア消費者層の約280万人が消費しているとの結果が出た。

 このうちゲームの分野を見ると80万人(重複あり)で780億円の市場を形成している。さらにネットワークゲームに焦点を絞ると、3万人で10億円。

 これにより、同社は「マニア消費者層の市場に対する影響力と消費規模やもはや『ニッチ』とは言えなくなっています」としている。

 なお同社では、今後もクルマ、AV機器、旅行の分野でもマニア消費者層の行動実態の調査を進めるとしている。
《安達崇徳》

特集

page top