ビクター、連続約250時間再生が可能なポータブルMDプレーヤー | RBB TODAY

ビクター、連続約250時間再生が可能なポータブルMDプレーヤー

IT・デジタル その他

 日本ビクターは、連続約250時間の長時間再生が可能なポータブルMDプレーヤー「XM-C11」を8月2日に発売する。
  •  日本ビクターは、連続約250時間の長時間再生が可能なポータブルMDプレーヤー「XM-C11」を8月2日に発売する。
 日本ビクターは、連続約250時間の長時間再生が可能なポータブルMDプレーヤー「XM-C11」を8月2日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は19,000円前後(税込み)。

XM-C11

 XM-C11は、デジタルアンプ搭載のポータブルMDプレーヤー。付属のニッケル水素充電池と別売りの単3形アルカリ乾電池(1本)の併用で、連続約250時間再生を実現。充電池だけでも約93時間の連続再生が可能という。

 また、ENERGY、CRYSTAL、SUBWAY、HEARTFULという4つの音場感を選べる。電車内での音漏れを低減する「トレインモード」や、1分刻みで最大99分後まで設定可能なアラーム&スリープ機能を搭載している。

 本体サイズは幅75.4×高さ16.3×奥行き82.2mmで、重さは約73g(本体のみ)。ボディカラーは、シルバー、ブルー、レッドの3色を用意する。
《高柳政弘》

特集

page top