NEC、2つのイーサネットポートを搭載した光メディアコンバータを発表。独立した通信が可能 | RBB TODAY

NEC、2つのイーサネットポートを搭載した光メディアコンバータを発表。独立した通信が可能

エンタープライズ モバイルBIZ

NEC、2つのイーサネットポートを搭載した光メディアコンバータを発表。独立した通信が可能
  • NEC、2つのイーサネットポートを搭載した光メディアコンバータを発表。独立した通信が可能
 NECとNECマグナスコミュニケーションズは、ギガビットイーサと最大45Mbpsのファーストイーサのポートを搭載した光メディアコンバータ「GM200シリーズ」を発表し販売活動を開始した。それぞれのポートの通信が完全に独立しているのが特徴だ。

 これにより通信事業者は、1本の光ファイバでIP電話などの帯域保証型サービスと、VPNなどの帯域共有型のサービスが提供できるようになる。

 GM200シリーズを用いると、たとえば企業向けサービスでは、1本の光ファイバで受発注や経理などの基幹系データとWebやメールなどの情報系データ通信サービスを提供できる。さらに、基幹系と情報系はそれぞれ別のポートを用い完全に独立した通信になるため、セキュリティも確保できるという特徴があるとしている。

 さらに同社の「映像分配システム」や「映像系光加入者線終端装置」を組み合わせることで、映像配信サービスの提供も可能になる。これにより、通信事業者〜集合住宅間をGM200シリーズで接続すると、入居者向けにインターネット接続、IP電話、映像配信の3つのサービスが提供できるようになる。

 価格は、センター側の装置「GM200-C」とユーザ側の装置「GM200-R」ともに278,000円〜。

「GM200シリーズ」
《安達崇徳》

特集

page top