インテル、90nmプロセスの低価格デスクトップPC向けCPU「Celeron D」発表 | RBB TODAY

インテル、90nmプロセスの低価格デスクトップPC向けCPU「Celeron D」発表

IT・デジタル その他

 インテルは25日、デスクトップPC向け低価格帯CPUの新シリーズ「Celeron D」を発表した。
  •  インテルは25日、デスクトップPC向け低価格帯CPUの新シリーズ「Celeron D」を発表した。
 インテルは25日、デスクトップPC向け低価格帯CPUの新シリーズ「Celeron D」を発表した。Celeron Dファミリのラインアップは、Celeron D 335/330/325/320の4種類。

 Celeron Dは、同社最新技術である90nmプロセスルールで作られているのが特徴だ。478ピンのパッケージ技術を採用し、256Kバイトの2次キャッシュを装備。プロセッササイドバスは、従来の400MHzから533MHzにスピードアップ。Intel 845/865チップセットファミリに対応している。

Celeron Dのロゴ

 Celeron Dファミリの動作クロック(周波数)および1,000個受注時の単価は以下のとおり。

・Celeron D 335:2.80GHz、13,370円
・Celeron D 330:2.66GHz、10,170円
・Celeron D 325:2.53GHz、9,030円
・Celeron D 320:2.40GHz、7,890円

 現在、いずれも量産出荷中。
《高柳政弘》

特集

page top