最大108Mbpsの無線LAN製品が登場。複数のアンテナを搭載することで高速化を実現 | RBB TODAY

最大108Mbpsの無線LAN製品が登場。複数のアンテナを搭載することで高速化を実現

IT・デジタル その他

最大108Mbpsの無線LAN製品が登場。複数のアンテナを搭載することで高速化を実現
  • 最大108Mbpsの無線LAN製品が登場。複数のアンテナを搭載することで高速化を実現
 プラネックスコミュニケーションズは、「Airgo True MIMO」技術を採用した最大108Mbpsの無線LANアクセスポイント「CQW-AP10AG」と対応するPCMCIA型のクライアント「CQW-NS108AG」を発表した。

 Airgo True MIMOは、米Airgo社が開発した無線LANの技術。データを分割し、受信側と送信側に複数のアンテナを用意することで増速を図っているのが特徴だ。なお同社では「Pre802.11n対応」としている。

 また、2.4GHz帯と5GHz帯を利用しており、IEEE 802.11a/b/gとの互換性も保たれている。

 さらに、VLANでグループ化し、それぞれにSSIDを割り当てたり、WPA、RADIUS認証、IEEE 802.1xを搭載するなどセキュリティ機能も優れている。また「ポータルAP」として設定すると、増設したアクセスポイントがこれを認識。自動的に同じ内容に設定するといった機能もある。

 価格はアクセスポイントの「CQW-AP10AG」は128,000円、PCMCIA型のクライアントは「CQW-NS108AG」は19,800円(いずれも税込み)。

最大108Mbpsの無線LAN製品「CQW-AP10AG」「CQW-NS108AG」
《安達崇徳》

特集

page top