auの定額サービスがプライスキャップ制を導入。基本料金は月額2,100円で最大は4,410円 | RBB TODAY

auの定額サービスがプライスキャップ制を導入。基本料金は月額2,100円で最大は4,410円

IT・デジタル モバイル

auの定額サービスがプライスキャップ制を導入。基本料金は月額2,100円で最大は4,410円
  • auの定額サービスがプライスキャップ制を導入。基本料金は月額2,100円で最大は4,410円
 auは、CDMA 1X WINにてEZwebとメールのパケット料金が定額になる「EZフラット」を改定し、基本料金が月額2,100円で最大4,410円のプライスキャップ制を8月1日から導入する。それに伴いサービス名を「ダブル定額」に改定する。

 これまでのEZフラットでは、利用したパケット数にかかわらず一律で月額4,410円を支払っていた。

 ダブル定額では、基本料金の月額2,100円で40,000パケットまで利用でき、これを超えると1パケット0.525円の従量制になる。しかし、基本料金も含めて月額4,410円以上は課金されないというプライスキャップ制を導入している。

 なお、現在EZフラットを契約しているユーザは自動的にダブル定額に移行される。

 ほか、12,000パケットまで利用できそれ以降は0.105円が課金される「パケット割WIN」(月額1,260円)も改定される。こちらは、月額1,050円で12,500パケットまで利用でき、それ以降は1パケット0.084円が課金される。

※いずれも料金は税込み

ダブル定額の料金グラフ
《安達崇徳》

特集

page top