東芝、gigabeatに40G/20G/5GバイトHDD搭載のカラーバリエーションモデル追加 | RBB TODAY

東芝、gigabeatに40G/20G/5GバイトHDD搭載のカラーバリエーションモデル追加

IT・デジタル その他

東芝、gigabeatに40G/20G/5GバイトHDD搭載のカラーバリエーションモデル追加
  • 東芝、gigabeatに40G/20G/5GバイトHDD搭載のカラーバリエーションモデル追加
  • 東芝、gigabeatに40G/20G/5GバイトHDD搭載のカラーバリエーションモデル追加
  • 東芝、gigabeatに40G/20G/5GバイトHDD搭載のカラーバリエーションモデル追加
 東芝は、ポータブルデジタルオーディオプレーヤー「gigabeat(ギガビート)」シリーズの新製品として、ハードディスク容量と本体カラーにバリエーションをつけた7モデルを7月中旬から順次発売する。新ラインアップは、5GバイトHDDモデル「gigabeat G5」、20GバイトHDDモデル「gigabeat G22」、40GバイトHDDモデル「gigabeat G40」の3機種。価格はいずれもオープンで、同社直販価格(税込み)は、G5が29,800円で7月中旬発売、G22が47,040円で7月下旬発売、G40が54,800円で9月下旬発売となる。

gigabeat G5

gigabeat G22

gigabeat G40

 カラーバリエーションは、G5がホワイティッシュシルバー、クリスタルブルー(限定色)、サンセットオレンジ(限定色)の3色、G22がホワイティッシュシルバーとバーニングレッド(限定色)の2色、G40がスパークリンググレーとディープターコイズ(限定色)の2色を用意。

 新製品の特徴は、マイクロソフトの著作権保護技術「Windows Media DRM」に対応したほか、PCからUSBバスパワーでの充電も可能となったこと。ワイヤードリモコンに加え、ネックストラップ型リモコンも同梱。連続再生時間は約11時間を実現している。

 gigabeatへの音楽データ転送には、マイクロソフトのWindows Media Player 9シリーズと、東芝オリジナルの同梱ソフト「TOSHIBA Audio Application Ver.4.1」を利用可能。なお、TOSHIBA Audio Application Ver.4.1では、Windows 2000/XPのユニコードに対応したため、扱える文字が増えている。

 オーディオ形式は、WAM、MP3、WAVをサポート。PCとのインターフェースは、USB2.0/1.1。
《高柳政弘》

特集

page top