iTunes用トランスミッター機能を内蔵した「AirMac Express」を発表 | RBB TODAY

iTunes用トランスミッター機能を内蔵した「AirMac Express」を発表

IT・デジタル その他

iTunes用トランスミッター機能を内蔵した「AirMac Express」を発表
  • iTunes用トランスミッター機能を内蔵した「AirMac Express」を発表
  • iTunes用トランスミッター機能を内蔵した「AirMac Express」を発表
 アップルコンピュータは、iTunesとの連係機能「AirTunes」を搭載したIEEE 802.11gアクセスポイント「AirMac Express」を7月から販売する。価格は15,540円。



 AirMac Expressは、一般的なIEEE 802.11gのアクセスポイントのようにイーサネットポートやプリンタを接続するUSBポートのほか、アナログ/デジタルのオーディオ出力端子が搭載されているのが特徴だ。このオーディオ端子からは、AirMac Expressに接続されたMacやPC上のiTunesの音楽が出力でき、いわゆるトランスミッターとしての機能が搭載されていることになる。これにより、オーディオ機器でiTunesの音楽が楽しめるようになるのだ。

 設定は簡単で、同じLANに接続されているならiTunes上にAirMac Expressの一覧が表示され、選択することで音楽が出力できるようになる。また、1つのiTunesに複数のAirMac Expressを接続することとも可能だ。

 大きさは、iBookやPowerBookのACアダプタを一回り大きくした程度で、重量は189グラム。

 なお、AirMac Expressに対応した「iTunes 4.6」のMac版は今週後半から、Windows版は6月中旬から提供される。
《安達崇徳》

特集

page top