シグマ、デジタル用6.9倍ズームレンズ「18-125mm F3.5-5.6 DC」の発売日・価格決定 | RBB TODAY

シグマ、デジタル用6.9倍ズームレンズ「18-125mm F3.5-5.6 DC」の発売日・価格決定

IT・デジタル デジカメ

シグマ、デジタル用6.9倍ズームレンズ「18-125mm F3.5-5.6 DC」の発売日・価格決定
  • シグマ、デジタル用6.9倍ズームレンズ「18-125mm F3.5-5.6 DC」の発売日・価格決定
 シグマは21日、デジタル一眼レフカメラ用6.9倍高倍率ズームレンズ「18-125mm F3.5-5.6 DC」の発売日および価格を発表した。発売日は、シグマAF用とキヤノンAF用が6月26日、ニコンAF用が7月上旬となるが、ペンタックスAF用は発売日未定。価格はいずれも47,250円(税込み)。

広角から望遠までカバーする、18-125mm F3.5-5.6 DC

 18-125mm F3.5-5.6 DCは、デジタル一眼レフカメラで発生しやすいフレアやゴーストを軽減するためのコーティングを施した、デジタル専用の6.9倍ズームレンズ。インナーフォーカス方式を採用し、レンズ構成は14群15枚でSLD(特殊低分散)ガラス1枚と非球面レンズ2枚を含んでいる。絞り羽根枚数は7枚で、最小絞り(ワイド端)はF22。画角は69.3〜11.4度、最短撮影距離はズーム全域で50cmとなる。フィルターサイズは62mm、最大径70mm、全長77.7mm、重さは385gの小型・軽量化を実現した。花形のレンズフードが付属する。
《高柳政弘》

特集

page top