NEC、セキュリティパッチ導入前のWindowsサーバを保護するソフトウェア | RBB TODAY

NEC、セキュリティパッチ導入前のWindowsサーバを保護するソフトウェア

エンタープライズ その他

 NECは、セキュリティ修正プログラム導入がただちに行えないWindowsサーバへを保護するためのセキュリティソフト「ServerW@ll」(サーバーウォール)の販売を開始した。

 パッチ導入前の検証をおこなったり、業務上サービスを停止させられないなどの理由から修正プログラムの導入が遅れるサーバをウイルスから保護するためのソフトウェアで、サーバ用のファイアウォールと管理ソフト、クライアントPC用のエージェントソフトから構成される。

 エージェントソフトがセキュリティポリシーを満たしていると判断したPCだけがサーバのファイアウォールを通過することができる仕組みで、管理されていないPCやセキュリティポリシーに適合しない(アンチウイルスソフトの定義が古い、Windowsの修正プログラムが適切に導入されていない、など)PCからサーバへの感染を防ぐことができる。

 価格は30万円から。NECでは今後3年間で1000ユーザへの販売を見込んでいる。
《伊藤雅俊》

特集

page top