RFIDタグで人の居場所を把握し自動的にカメラを切り替えるサービス | RBB TODAY

RFIDタグで人の居場所を把握し自動的にカメラを切り替えるサービス

ブロードバンド その他

RFIDタグで人の居場所を把握し自動的にカメラを切り替えるサービス
  • RFIDタグで人の居場所を把握し自動的にカメラを切り替えるサービス
  • RFIDタグで人の居場所を把握し自動的にカメラを切り替えるサービス
 NTTマーケティング アクト、NTTシスコム、NTT西日本、大日本印刷は共同で、RFIDタグを組み合わせた映像配信システムを4月20日から開始する。第1弾として、「ACTOSキット おっかけカメラメニュー」を提供する。

 ACTOSキット おっかけカメラメニューは、RFIDタグを付けた人などの場所を把握し、自動的にカメラを切り替えて映像を配信するサービス。たとえば、幼稚園児にRFIDタグを持たせることで、保護者は砂場や教室など幼稚園内に複数設置されたカメラを切り替えて探さなくても、様子を伺うことができるようになる。

 また行動の履歴が取れるため、最適な保育環境を提供するための調査や研究にも利用できるとのこと。

 このサービスでは、NTTマーケティング アクトグループは商品のパッケージ化や提供と販売を、NTTシスコムはRFIDタグ関連のソフトウェア開発、NTT西日本はブロードバンド回線、大日本印刷はRFIDタグ関連の機器をそれぞれ提供する。

 管理サーバ、RFIDタグレシーバ、RFIDタグ(電池内蔵型)、Webカメラやハブ、アプリケーションなどがセットになっており、標準販売価格は299.25万円から。西日本エリアでの販売になる。

 なお今後は、高齢者施設や病院などの医療機関、ペットホテルにおける飼い主へのペット映像音配信などへの提供も行われる予定だ。

ACTOSキット おっかけカメラメニューのイメージ図
《安達崇徳》

特集

page top