メールでこどもの登下校を通知。DNPなどが無線タグを利用したサービスを開始 | RBB TODAY

メールでこどもの登下校を通知。DNPなどが無線タグを利用したサービスを開始

IT・デジタル モバイル

 大日本印刷(DNP)とドコモ・システムズは、無線タグを利用してこどもの登下校を保護者にメールで通知するサービス「KIDS SAFETY PASS」を2004年2月より開始する。

 同サービスでは、こどもにカードタイプやバックなどにぶら下げる無線タグを配布。こどもが、塾の教室や学校の出入り口に設置されたリーダに無線タグをかざすことで、登下校時刻を保護者にメールで通知する。

 料金は、初期費用が3,000円、利用料金は月額300円。費用は、同サービスに参加する学校や塾が保護者から集金し、一括してDNPに支払う形になる。

 全国の小中学生のうち約37%が塾通いをしており、その中には有名塾に通うため電車やバスなどを利用しているこどもも多い。同社ではこのような背景からサービスを開発したとしている。

 なお同サービスは塾や学校を介して提供され、初年度に3億円、2005年には約10億円の売上げを見込んでいる。
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top