ケイ・オプティコム、PHS通話サービスからの撤退を明らかに | RBB TODAY

ケイ・オプティコム、PHS通話サービスからの撤退を明らかに

ブロードバンド その他

 ケイ・オプティコムがPHSの通話サービスを終了させる方向で関係各所と調整を進めていることが明らかになった。これは、日本経済新聞に掲載されたPHS電話から撤退という記事を受けて発表されたコメントだ。

 このコメントによると、定額データ通信サービス「eo64エア」をのぞくPHSサービス(通話サービス)の新規受付を停止するとともに、将来的には終了する方向で、調整しているとのことだ。

 また、通話サービスからの撤退は認めたものの、時期については明らかにされていない。

 なお、ケイ・オプティコムのPHSは「アステル」として提供されている。ほかの地域の状況を見ると、九州地区と北海道地区についてはすでにサービスを終了しており、北陸地区は新規受付を終了している。さらに、先日には首都圏での定額データ通信サービスの開始が断念されるなど、厳しい状況が続いている。
《安達崇徳》

特集

page top