東芝、既存のデジタルテレビ向けにWebブラウザを搭載するアップデートを提供 | RBB TODAY

東芝、既存のデジタルテレビ向けにWebブラウザを搭載するアップデートを提供

IT・デジタル その他

 東芝は、既存のデジタルハイビジョンテレビ7機種について最新ファームウェアを無償で公開する。これにより、テレビに設置されたイーサネット端子を用いてインターネットの各種サービスが利用できるようになる。

 具体的には該当する7機種のテレビにブラウザが搭載される。また、URLなどの文字入力につては携帯電話と同じように10キーを使って行えるほか、拡大や文字サイズ変更などWebページをテレビの画面に最適化させる機能も追加される。

 最新ファームウェアの配信は、インターネット(2月16日開始)または、BSデジタルまたは地上デジタル放送(2月23日開始)のデータ放送を用いて行われる。

 なお同社では、これらの機能の利用にはブロードバンド回線を推奨している。

■対応する機種は以下のとおり
●地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ
 「プラズマ beautiful“face”」42P4000
●地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
 「液晶 beautiful“face”」37L4000、32L4000、26L4000
●地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ
 「Digital“FACE”」36D4000、32D4000、28D4000
《安達崇徳》

特集

page top