AOSテクノロジーズ、20分で3D画像を作れるシステムを開発。撮影サービスも開始 | RBB TODAY

AOSテクノロジーズ、20分で3D画像を作れるシステムを開発。撮影サービスも開始

IT・デジタル その他

AOSテクノロジーズ、20分で3D画像を作れるシステムを開発。撮影サービスも開始
  • AOSテクノロジーズ、20分で3D画像を作れるシステムを開発。撮影サービスも開始
  • AOSテクノロジーズ、20分で3D画像を作れるシステムを開発。撮影サービスも開始
  • AOSテクノロジーズ、20分で3D画像を作れるシステムを開発。撮影サービスも開始
  • AOSテクノロジーズ、20分で3D画像を作れるシステムを開発。撮影サービスも開始
 AOSテクノロジーズは、20分で3D画像を作成できるシステム「AOS 3D VR」を開発、販売を開始した。制作された3D画像は、水平・垂直・360度回線と、マウス操作であらゆる角度から見ることができる。

 3D画像の制作には簡単なものでもかなりの時間もかかっていたが、「AOS 3D VR」では撮影作業を自動化することで、制作時間を大幅に短縮できるという。また、MPEGに同社独自の画像圧縮技術を加えることで、元の画像の約20分の1になるなど画像サイズも小さくできる。

 「AOS 3D VR」を使って制作された3D画像は、ショッピングサイトや電子カタログ、美術館の撮影、タレントのプロモーション用と、さまざまな用途があると説明する。

 「AOS 3D VR」は、対象物を撮影する機器「AOS 3D VRスキャナー」と3D画像編集ソフト「AOS 3D VRエディター」から構成。このシステムそのものを販売するほか、撮影のみを行う撮影サービスも提供していく。撮影サービスは、2004年2月1日から赤坂アークヒルズ内のテナントでサービス開始する予定。

 販売価格はハードウェアセットが3000万(別途、保守サービス費用として年間7%が必要)、撮影サービスは水平回転のみ12枚で3万円より。

AOS 3D VRエディターAOS 3D VRスキャナー
写真左が編集ソフト「AOS 3D VRエディター」、写真右が撮影システム「AOS 3D VRスキャナー」
《北島友和》

特集

page top