KDDIと日立製作所がICカードを搭載した携帯電話を開発。JR東日本とも技術的な検討 | RBB TODAY

KDDIと日立製作所がICカードを搭載した携帯電話を開発。JR東日本とも技術的な検討

IT・デジタル モバイル

 KDDIと日立製作所は、ICカードの機能を内蔵した携帯電話を共同で開発した。非接触式と接触式の両方に対応しており、現在サービス開始に向けJR東日本とも技術的な検討を進めている。

 今回開発された携帯電話では、ICカードの差し替えが可能になっており、機種変更の際にも簡単に移行できるのが特徴だ。また、ICカードを用いたプリペイドカードの場合、カードに残高が書いていないため単体では確認できなかったが、携帯電話の画面で確認できるようにすることで、この問題が解決されている。

 さらに、携帯電話網を経由したオンラインチャージや携帯電話決済サービス「Kei-Credit」との連携も進められている。また、住民基本台帳ネットワークが利用しているタイプBのインターフェイス(接触式)にも対応する予定だ。

 同社では携帯電話に、鉄道/バスの定期券、プリペイドカード、電子マネー、電子チケット、会員証を搭載することを目指している。
《安達崇徳》

特集

page top