TEPCOひかりからのクリスマスプレゼント。六本木ヒルズの「ホワイトツリーイルミネーション」 | RBB TODAY

TEPCOひかりからのクリスマスプレゼント。六本木ヒルズの「ホワイトツリーイルミネーション」

ブロードバンド その他

 六本木ヒルズの初めてのクリスマスは“光”に包まれる。TEPCOひかりは、「FTTH体験ブース Hyper Net Square」と「ホワイトツリー イルミネーション」を開始した。

 TEPCOひかりは、「FTTH体験ブース Hyper Net Square」は六本木ヒルズ内の66プラザに設置された体験ブース。ここでは、TEPCOひかりの回線に接続されたPCが置いてあり、実際に接続サービスを体験できる。こちらは、12月25日までの期間中、毎日11時から21時30分まで利用できる。

体験スペースは、66プラザの左手に設置されている

東京電力 光ネットワーク・カンパニー プレジデントの勝又淳旺氏と体験スペースのコンパニオン



 さらに同社は「ホワイトツリー イルミネーション」に協賛している。これは、六本木ヒルズ内にある12本ケヤキをイルミネーションで彩るというもの。通常のイルミネーションでは白熱電球が利用されているが、ホワイトツリーでは光ファイバーを利用してるのが特徴だ。

 しかも、光ファイバーを糸の代わりにして京都の西陣で織物に仕上げケヤキに巻き付けているのだ。これら巻き付けられた光ファイバーの織物は光源装置に接続されおり、光源のフィルターを変更することでさまざなま色に変化する。ちなみに、1本のケヤキで約25kmの光ファイバーを使っているとのこと。

ホワイトツリーイルミネーションの点灯の瞬間。一気に点灯するのではなく、徐々に明るくなっていく。毎日16時30分に点灯するとのことなので、この時刻を狙って足を運んではいかがだろうか?(クリックで動画を再生。QuickTime形式2.4Mバイト)


イルミネーションで彩られたケヤキ。時間が立つにつれてさまざまな色に変化する


イルミネーションされたケヤキの幹。1本1本の光ファイバーが光っている 体験スペース左手にある滝にもTEPCOひかりのパネルが設置されている


 このイルミネーションも12月25日までの期間限定で、毎日16時30分から点灯される。
《安達崇徳》
page top