日テレ・JR東日本の無線LAN実験に新エリア追加。期間も来年3月まで延長 | RBB TODAY

日テレ・JR東日本の無線LAN実験に新エリア追加。期間も来年3月まで延長

ブロードバンド その他

 日本テレコムと東日本旅客鉄道(JR東日本)は、当初12月19日に終了を予定していた「無線による、駅でのインターネット接続実験」を来年3月頃まで延長すると発表した。

 実験延長に伴い、他の公衆無線LANサービス(無線LAN倶楽部・エキLANスポット・Mzone)との間で行っているローミングサービスの実施期間も延長する。

 また大宮駅、新潟駅、秋葉原駅などの新幹線主要駅・山手線の駅を対象にアクセスポイント設置箇所の追加が図られ、これにより利用可能エリアは31駅の57箇所にまで拡大する。

 新エリアの詳細と提供スケジュールは以下のとおり。

■12月8日提供開始
・大宮駅:新幹線改札内待合室
・小山駅:新幹線改札内待合室
・宇都宮駅:新幹線改札内待合室
・越後湯沢駅:西口改札外待合室
・長岡駅:新幹線改札内待合室
・新潟駅:新幹線改札内待合室
・長野駅:新幹線改札内待合室

■12月下旬提供開始
・熊谷駅:新幹線改札内待合室
・高崎駅:新幹線改札内待合室

■準備中
・東京駅:八重洲連絡通路付近サンディーヌエクスプレス
・新橋駅:烏森口改札外サンディーヌエクスプレス
・浜松町駅:南口改札外カフェ東京ブギ
・品川駅:北口改札内ベックスコーヒー
・五反田駅:西口改札外サンディーヌエクスプレス
・池袋駅:中央改札内ロンドンパブ、東口ベッカーズ
・上野駅:16・17番線待合室
・秋葉原駅:総武線ホーム通路ベックスコーヒー
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top