Winny利用者2人が著作権侵害で逮捕 — ファイル交換ソフトでゲーム・映画を公開 | RBB TODAY

Winny利用者2人が著作権侵害で逮捕 — ファイル交換ソフトでゲーム・映画を公開

ブロードバンド その他

 京都府警察本部と五条警察署は本日、ファイル交換ソフトを利用して著作権のあるデータを無断で不特定多数のユーザに公開していたとして、愛媛県松山市の19歳の無職男性と群馬県高崎市の41歳の自営業の男性を著作権侵害で逮捕した。

 ファイル交換ソフトのユーザの逮捕は、一昨年に続き国内2例目となる。

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の報告によれば、2人はいずれも「Winny」を利用して、任天堂「ゲームボーイアドバンス」用のゲームソフトや映画などを公開しており、これにより著作権者の公衆送信権(送信可能化権)を侵害した疑いが持たれている。

 Winnyは、ファイル転送に第三者のユーザを介在させることにより高い匿名性が保てるということで人気のソフト。にも関わらず今回逮捕者が出たという事実は、ソフトの利用者に大きな衝撃を与えそうだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top