松竹とNTTコミュニケーションズ、共同でダウンロード型ショートコンテンツの無料配信を開始 | RBB TODAY

松竹とNTTコミュニケーションズ、共同でダウンロード型ショートコンテンツの無料配信を開始

エンタメ その他

 松竹とNTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、ダウンロード型のショートコンテンツの無料配信サービスを開始する。第1弾は、新進女性タレントが「ことば」にちなんだエピソード、豆知識を紹介するショートコンテンツ「わざアリ」である。

 今回の協業では、松竹がBBユーザー向けに製作したショートコンテンツをNTTコムが開発した「NetLeader」を使いダウンロード型で配信を行なう。「NetLeader」は、NTTコムが開発したセキュアな配信を行なうためのサービスの1つ。コンテンツIDを組み込むことで、視聴回数や期間などの制限を行なえるほか、複製、交換での流通状況についても把握できるのが特徴だ。

 配信されるショートコンテンツ第1弾「わざアリ」は、女性タレントが「ことば」の意味や由来、関係したエピソードなどを紹介していくもの。すでに、サイト上では「本当に大切なものは、目に見えないんだよ」や「犬も歩けば棒にあたる」などの言葉が取り上げられている。今後は、毎週金曜日ごとに3本ずつ4か月間の計60本の配信を予定している。

 この配信サービスでは、動画広告などが付加されることでユーザーは無料で配信コンテンツを視聴できる。さらに、ダウンロード型の配信方法を採用したことで1Mbpsの配信レートでありながらスムーズな視聴が可能だ。

 対応環境は、IE5.5以上、WindowsMediaPlayer7.1以上。
《RBB TODAY》
page top