旅窓取得で旅行のナンバーワン。戦略的意味合いも大きい-楽天 三木谷社長 | RBB TODAY

旅窓取得で旅行のナンバーワン。戦略的意味合いも大きい-楽天 三木谷社長

ブロードバンド その他

旅窓取得で旅行のナンバーワン。戦略的意味合いも大きい-楽天 三木谷社長
  • 旅窓取得で旅行のナンバーワン。戦略的意味合いも大きい-楽天 三木谷社長
 本日4日付けで、楽天は国内で宿泊予約ナンバーワンサイトである旅の窓口を運営するマイトリップ・ネットの買収を締結した。楽天はマイトリップ・ネットの全株式を323億円で譲り受け、100%子会社として運営する。なお、楽天は323億円を全額現金で支払う。

 マイトリップ・ネットの楽天グループ入りにより、楽天はショッピング分野に引き続き、トラベル分野でもナンバーワンになる。また、これまで運営してきた楽天トラベルと合わせることで、ネット宿泊予約の7割を楽天がにぎることになる。三木谷社長は、今後の楽天グループの戦略上にとっても今回の買収は大きな意義を持つと語った。

 楽天グループは,グループ内のサイトに対して、サービスとシステムの統合をはかるほか、楽天ポイントの機能を加えていく予定でいる。これにより、グループ全体のシナジー効果を最大限発揮すると共に、オンラインコマースの分野でのビジネスを加速させる方向でいる。

楽天の三木谷社長
《公家幸洋》

編集部のおすすめ記事

特集

page top