無線LAN倶楽部でもスクラッチカード方式を採用。BizPortalとのローミングも | RBB TODAY

無線LAN倶楽部でもスクラッチカード方式を採用。BizPortalとのローミングも

エンタープライズ モバイルBIZ

 無線LAN倶楽部は、9月より利用料金の支払い方法にあらたにスクラッチカード方式を採用する。

 同社が提供するプリペイドカードは、1枚300円で初回のログインから12時間利用できるものになっている。カードは、NTTサービスやNTTサービスエムイーの東京と神奈川、東急サービスで販売され、今後、サービスを展開している鉄道沿線の店舗に拡大するとしている。

 また、BizPortalとのローミングも試験的に提供される。これにより無線LAN倶楽部のユーザは、BizPortalのエリア内でインターネット接続やコンテンツのシンクロサービスが利用できるようになる。なお、試験中のためオプション料金は無料になっている。

 ほか同時に、コンテンツのシンクロソフトがクリエの「PEG-UX50」に対応したり、これまで行われていたMACアドレスによる認証が廃止される。

●ローミングを行うのは以下のエリア
・恵比寿ガーデンプレイス内ウェスティンホテル東京
・新宿アイランドタワー
・新宿野村ビル
・新宿パークタワー
・新宿ワシントンホテル
・センチュリーハイアット東京
・六本木ヒルズ
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top