トレンドマイクロ、ISPが会員向けにURLフィルタリングを提供できるようにするシステムを発売 | RBB TODAY

トレンドマイクロ、ISPが会員向けにURLフィルタリングを提供できるようにするシステムを発売

エンタープライズ その他

トレンドマイクロ、ISPが会員向けにURLフィルタリングを提供できるようにするシステムを発売
  • トレンドマイクロ、ISPが会員向けにURLフィルタリングを提供できるようにするシステムを発売
 トレンドマイクロは、各ISPが会員向けにインターネットのURLフィルタリングサービスを提供できるようにするシステムである「InterScan WebManager ホームエディション」を10月15日より発売する。

 本システムは、あらかじめ会員宅のPCにクライアントソフトウェアを導入させておき、会員のWebアクセス時にソフトウェアがISP上に設置されたデータベースサーバのURL情報を参照することで、ユーザによる有害サイトへのアクセスの遮断を可能とするもの。

 従来のゲートウェイ型のシステムを利用して、ISPがURLフィルタリングサービスを提供しようとした場合、クライアントマシンのブラウザのプロキシ設定やISP側のネットワーク構成の問題等が課題となっていたが、本システムを利用することでこれらの問題を回避することができ、ISPが会員に対しより容易にサービスを提供することが可能になったという。

「InterScan WebManager ホームエディション」のシステム概要
※同社広報資料より抜粋


 同社では今後1年間に、本システムを利用したURLフィルタリングサービスの加入者数として40万人を見込んでいる。
《RBB TODAY》

特集

page top