Blasterはお盆明けの混乱もなく終息方向へ --シマンテック | RBB TODAY

Blasterはお盆明けの混乱もなく終息方向へ --シマンテック

エンタープライズ その他

Blasterはお盆明けの混乱もなく終息方向へ --シマンテック
  • Blasterはお盆明けの混乱もなく終息方向へ --シマンテック
  • Blasterはお盆明けの混乱もなく終息方向へ --シマンテック
 お盆休み中に猛威をふるったBlasterだが、終息方向に向かっているようだ。シマンテックが開催したマスコミ向け説明会で明らかにした。

 同社によると、Blasterが発見された8月11日には全世界で799件(国内では10件、以下同じ)、12日にはピークの2,730件(47件)、13日には1,901件(43件)、14日には1,320件(28件)の感染報告があったという。これらの数字を見ると、12日をピークに終息へ向かっているようだ。この結果、累計で9,030件(174件/18日12時現在)の報告が同社に寄せられたことになるという。

Blasterの日別における報告数(クリックで拡大図)


 これまでに挙げた数字は報告数になるため、実際の感染数とはまた違った数字になっている。そのため同社では、IDSやファイヤーウォールのログを元にした感染システム数を割り出しており、これによると全世界で53万システムが感染したおそれがあるとしている。

 これら、報告数や感染システム数から見るとCodeRedやnimdaよりも感染数は少ないと結論づけている。また、日本においてはお盆明けの感染拡大が懸念されていたが、18日午前中においては感染報告が全くないとのことだ。これらのことから、企業や個人のウィルスやセキュリティホールへの対策は確実に浸透していることが読み取れる。

 同社では、終息方向にあるとはいえ引き続き警戒するように呼びかけている。
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top