AV機能に特化したWindowsが日本でも登場。秋からMedia Centerを搭載したPCが販売 | RBB TODAY

AV機能に特化したWindowsが日本でも登場。秋からMedia Centerを搭載したPCが販売

IT・デジタル その他

 マイクロソフトは、AV機能に特化したOS「Microsoft Windows XP Media Center Edition」(Media Center)を搭載したPCが国内メーカ5社から順次発売されると発表した。Media CenterのPCを販売するのはソーテック、東芝、日本電気、日立製作所、富士通。

 Media Centerを搭載したPCは、STB(セットトップボックス)やHDDレコーダのようにテレビに接続してリモコンを使って操作する機器。HDDによるテレビ番組の録画、DVカムなどの動画やデジタルカメラの画像の管理、DVD-Videoの再生や作成、音楽やストリーミングの再生などのAV機能に特化した仕様になっている。

 なおMedia Centerを搭載したPCは、2002年10月に米国、カナダ、韓国で販売が開始されており、今回は日本のほかフランス、ドイツ、イギリス、中国での提供も発表された。

 同じようなコンセプトでソニーは2003年末の発売を目標に次世代のAV機器「PSX」の開発を進めている。また、ぷららを中心にしたISP3社はSTBを用いたテレビ番組配信の実験を開始する。そのため、今年の秋から年末にかけては、テレビとブロードバンドが急激に近づくことになるだろう。
《安達崇徳》

特集

page top