ADSLの伸びに急ブレーキ、FTTHはCATVを上回る増加数を保つ。総務省報告 | RBB TODAY

ADSLの伸びに急ブレーキ、FTTHはCATVを上回る増加数を保つ。総務省報告

ブロードバンド その他

 総務省は、2003年6月末現在のインターネット接続サービスの利用者数の推移を発表した。これによると、ブロードバンドユーザは前月比451,000契約増の1094万契約になった。

 FTTHについては、5月分の増加は約51,000契約だったが6月分は60,000契約の増になるなど、依然として伸びが目立っている。CATVの伸びは41,000契約だったため、今月もFTTHの伸びはCATVを上回ったことになる。この結果、FTTHの累計は458,293契約になった。

 その反面、ADSLの増加数に急激にブレーキがかかっている。5月分の増加が約429,000契約だったのに対して6月分は350,000契約に大きく減少している。6月中は20Mbps超のADSLサービスが控えていることもあり、多くのユーザが契約を控えた可能性もあるが、ADSLの増加数は確実に歯止めがかかってきていることになる。

サービス
種別
6月末
加入数
4月増減 5月増減 6月増減
xDSL
8,257,118
+45.5万
+42.9万
+35.0万
FTTH
458,293
+4.2万
+5.1万
+6.0万
CATV
2,224,000
+6.6万
+4.8万
+4.1万
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top