中部テレコミュニケーション、5GHz帯を利用した無線ブロードバンド「BroadDive」のプレサービス開始 | RBB TODAY

中部テレコミュニケーション、5GHz帯を利用した無線ブロードバンド「BroadDive」のプレサービス開始

ブロードバンド その他

中部テレコミュニケーション、5GHz帯を利用した無線ブロードバンド「BroadDive」のプレサービス開始
  • 中部テレコミュニケーション、5GHz帯を利用した無線ブロードバンド「BroadDive」のプレサービス開始
  • 中部テレコミュニケーション、5GHz帯を利用した無線ブロードバンド「BroadDive」のプレサービス開始
  • 中部テレコミュニケーション、5GHz帯を利用した無線ブロードバンド「BroadDive」のプレサービス開始
 中部テレコミュニケーションは6月23日より、5GHz帯の無線システムを利用した家庭向けブロードバンドサービスのプレサービスを開始する。これにともない、本日より限定100世帯で試験モニタの募集を開始した。

 新サービスの名称は「BroadDive(ブロードダイブ)」。同社の保有する光ファイバ網と電波干渉やノイズの少ない5Ghz帯を利用するIEEE802.11a準拠の無線LAN機器を組み合わせることで、最大54Mbpsの高速アクセスを実現している点が特徴で、同社ではサービス提供に先駆けて愛知県内で屋外での接続実験を行っていたほか、6月4日には東海総合通信局より5GHz帯を用いた実用局の免許を取得していた。

 6月23日より開始されるプレサービスは、愛知県瀬戸市北山町付近より募集するモニタ100世帯を対象とした試験サービス。同社では本日より先着順で試験モニタの募集を開始しており、申込条件をクリアしてモニタに当選した場合、プレサービス期間中は宅内工事費(4,950円)を負担する以外無料でインターネット接続+メールサービス(ウィルスチェック付)を利用することができるほか、本格サービス移行時には初期費用・月額利用料2か月分が無料となる特典が用意されている。

 なお本格サービスの提供開始は今秋頃の予定で、現段階では5,000円未満の月額利用料、13,000円程度(基本工事の場合)初期費用にて提供される見込みとなっている。

 プレサービスモニタの募集要項と、「BroadDive」接続イメージは以下のとおり。

■モニタの募集要項

・提供エリア在住であること
(愛知県瀬戸市北山町(北山町、苗場町、松原町1丁目、北脇町、東横山町、水南町、效範町、西松山町、川端町、北松山町、さつき台4丁目の一部、山手町の一部、孫田町の一部)付近)
・モニタアンケートに協力できること
・プレサービス中継続してサービスを利用できること

■「BroadDive」接続イメージ(リリースより抜粋)

図1 「BroadDive」イメージ図
図2 屋外アンテナ
図3 宅内接続の概要図
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top