キヤノンシステムソリューションズ、高検出率が特徴のアンチウイルスソフトを発売 | RBB TODAY

キヤノンシステムソリューションズ、高検出率が特徴のアンチウイルスソフトを発売

エンタープライズ その他

 キヤノンシステムソリューションズは、Windows用のアンチウイルスソフト「NOD32アンチウイルス」を6月25日より発売する。

 NOD32アンチウイルスは、ウイルス検出率が高く、システム負荷が小さいのが特徴。検出率については、Virus Bulletin誌でウイルス検出率100%を21回達成し、これは業界最多だという。また、システム負荷については、アンチウイルスソフト導入前とほとんど変わらない使用感(同社調べでは6%程度の速度低下にとどまる)としている。なお、メールウイルスチェックはPOP3に対応している。

 価格は、パッケージ版が6,800円、ダウンロード版が4,000円で、いずれも発売は6月25日。現在、キヤノンシステムソリューションズのウェブサイトにおいて7月31日まで無料で使用できるβ版が配布されている。

 キヤノンシステムソリューションズは、2003年1月10日に住友金属システムソリューションズから社名を変更した。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top