キヤノンITソリューションズから不正端末接続検知・遮断システム「NetSkateKoban」が登場 | RBB TODAY

キヤノンITソリューションズから不正端末接続検知・遮断システム「NetSkateKoban」が登場

ブロードバンド セキュリティ

「NetSkateKoban Nano」は数百大規模(1セグメント)向けの、センサー機能とサーバー機能を同梱した小型アプライアンスとなっている(画像プレスリリースより)
  • 「NetSkateKoban Nano」は数百大規模(1セグメント)向けの、センサー機能とサーバー機能を同梱した小型アプライアンスとなっている(画像プレスリリースより)
 キヤノンITソリューションズは不正端末接続検知・遮断システム「NetSkateKoban」の販売を26日から開始した。社内ネットワークへの接続が許可されていない不正端末の接続を検知して遮断し、ネットワーク管理者へ通知する仕組みだ。

 数十台から数百大規模向けの「NetSkateKoban Nano」と、数百台~数十万台規模向けの「NetSkateKoban」をラインナップする。管理対象端末への追加のソフトウェア導入を必要とせず、ネットワークに接続するだけで同ネットワークに存在する端末を検出、不正持込みPCの通信の遮断、未登録・登録端末の一覧表示などを行うことができる。

 同社は「NetSkateKoban Nano」の販売を中心に、2015年度で4千万円の売上を見込んでいる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top