家庭まで1Gbps接続の時代が来るか? 沖電気が新FTTHシステムを販売開始 | RBB TODAY

家庭まで1Gbps接続の時代が来るか? 沖電気が新FTTHシステムを販売開始

IT・デジタル その他

家庭まで1Gbps接続の時代が来るか? 沖電気が新FTTHシステムを販売開始
  • 家庭まで1Gbps接続の時代が来るか? 沖電気が新FTTHシステムを販売開始
  • 家庭まで1Gbps接続の時代が来るか? 沖電気が新FTTHシステムを販売開始
 沖電気工業は、局舎から加入者宅までを1GbpsでつなぐFTTHシステムを、6月1日より通信事業者向けに発売する。これまで共有タイプのFTTHサービスは100Mbpsをシェアしていたが、これが一気に10倍に拡大できる製品だ。

 新システムは「ギガビットイーサネットPON(GE-PON)」と呼ばれるシステムで、最大32加入を1本(1Gbps)の光ファイバに収容する。センター側の「BM1410」と、エンドユーザ宅に設置される「BM1430」からなる。従来のPONと異なり、ATMベースではなくイーサネットでの通信を行うため、効率的な転送が可能になったという。また、波長多重で放送配信サービスも同じファイバに載せることも可能だ。

 沖電気では、今後3年間で200億円の売り上げを目指すとしている。


左:センタ側「BM1410」、右:加入者側「BM1430」
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top