トレンドマイクロ、Linux向けメッセージングセキュリティ製品の最新版。TM EPSに対応 | RBB TODAY

トレンドマイクロ、Linux向けメッセージングセキュリティ製品の最新版。TM EPSに対応

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、6月よりLinuxプラットフォーム向けのアンチウイルス製品「InterScan Messaging Security Suite 5.1」と「InterScan for Lotus Notes 2.6」を発売する。両製品とも、管理コンソール「TrendMicro Control Manager 2.5」が同梱されており、アウトブレークプリベンションポリシー(予防ポリシー)によるパターンファイル更新前のウイルス防御が可能となっている。

 「InterScan Messaging Security Suite 5.1」は、メールサーバやインターネットゲートウェイ上で使用するウイルス対策製品。6月19日の発売予定で、価格は、アカウントあたり初年度5,930円(25〜49アカウントの場合)。

 「InterScan for Lotus Notes 2.6」は、グループウェアのLotus Notes/Dominoサーバで動作し、Notes/Domino内のメールや文書に含まれるウイルスを検出することができる。発売予定は6月23日で、価格はアカウントあたり初年度3,900円(50〜99アカウントの場合)。

 対応ディストリビューションは以下の通り。

InterScan Messaging Security Suite 5.1
・Red Hat Enterprise Linux Advanced Server 2.1
・Red Hat Linux 7.3
・United Linux 1.0

InterScan for Lotus Notes 2.6
・Red Hat Linux 7.2
《RBB TODAY》

特集

page top