NTT東、IP電話アダプタ単体製品の提供を延期 | RBB TODAY

NTT東、IP電話アダプタ単体製品の提供を延期

ブロードバンド その他

 NTT東日本は、IP電話アダプタ「VoIPアダプタ」(販売製品)と「アダプタタイプ」(レンタル品)について5月中旬に提供時期を変更する。

 NTT東では、フレッツ・ADSLとBフレッツ利用者向けに、ADSLモデム内蔵型、ブロードバンドルータ一体型、単体のIP電話アダプタの3種類について、レンタルと販売を行っている。そのうち、単体のIP電話アダプタの製品について、検証作業が遅れているため、提供を延期するという。

 なお同社が提供するIP電話アダプタ内蔵のブロードバンドルータのスループットは約30Mbpsとなっており、FTTHでの利用は少々力不足となっている。今回、提供が遅れているIP電話アダプタは、他のブロードバンドルータ(UPnP対応製品)と組み合わせて利用できるため、この欠点が補えるものといえるだろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top