Appleも802.11g製品の売れ行きが絶好調。全世界で15万台を販売 | RBB TODAY

Appleも802.11g製品の売れ行きが絶好調。全世界で15万台を販売

ブロードバンド その他

 Apple Computerは、IEEE802.11gに対応した「AirMac Extreme」(米国などでの名称はAirPort Extreme)のベースステーション(アクセスポイント)とカードの出荷台数が全世界で15万台を超えたと発表した。

 また、2003年1月から3月におけるIEEE802.11製品の出荷台数のうち、半数近くがIEEE802.11gを占めるようになったという。ベースステーションにおいてはすでにIEEE802.11g対応製品しか販売していないことを考慮しても驚くべき数字だ。

 なお、同社はIEEE802.11g対応製品として、クライアントカード(11,800円)、標準モデルのベースステーション(22,800円)、外部アンテナコネクタ付きベースステーション(28,800円)の3つを販売している。

 無線LAN市場においてAppleと肩を並べるメルコは、無線LAN製品に占めるIEEE802.11gの割合が20%に上昇したと明らかにしている。ドラフト規格にもかかわらず、この2社の数字を見ると無線LAN市場は急速にIEEE802.11gにシフトしているといえるだろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top