SOBAフレームワークの1.0βが登場。オープンソースソフトウェアとして公開 | RBB TODAY

SOBAフレームワークの1.0βが登場。オープンソースソフトウェアとして公開

ブロードバンド その他

 民官学の共同プロジェクト「SOBA(Session Oriented Broadband Applications)プロジェクト」は、P2Pコミュニケーションサービスのフレームワーク「SOBAフレームワーク1.0β」を15日13時より公開する。

 以前のバージョンである「SOBAフレームワークα版」の入手には、秘密保持契約の締結が必要だった。今回のβは誰でも手に入れられるようになったうえ、オープンソースソフトウェアとして公開される。

 また、1.0βを含めて今後は「オープンソースでネットコミュニティを開拓する会」から配布される。さらに同会は、SOBAプロジェクトと共にフレームワークの改良や機能追加に関して外部の開発者やユーザが参加できるオープンな開発プロセスを支援するとのことだ。

 SOBAプロジェクトは、ブロードバンド回線を前提としたコミュニケーションアプリケーションのフレームワーク「SOBAフレームワーク」を開発するプロジェクト。このフレームワークは、サーバとクライアントという関係を持たずにP2Pでユーザ同士を接続して認証やグループ化など基本的な機能を持つ。開発者はこれらの機能をAPIとして利用することにより、さまざまなソフトウェアの開発が容易にできる。今のところ遠隔教育、医療機関向け、警備保障会社向けなどに向けたシステムを計画中だという。

 今回のβ版公開により、オープンソースコミュニティを作り上げるというSOBAプロジェクトの目標が1つ達成されたことになる。今後は、コミュニティからの意見を取り入れたり、Linuxや携帯電話でも利用できるように開発を進めていくとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top