Linuxにも対応した「SOBAフレームワーク1.1」がリリース | RBB TODAY

Linuxにも対応した「SOBAフレームワーク1.1」がリリース

ブロードバンド その他

 SOBAプロジェクトは、「SOBAフレームワーク1.1」をリリースした。

 SOBAフレームワークは、ブロードバンド上のP2Pコミュニケーションを実現するためのプラットフォーム。ビデオチャット機能やグルーピング機能を備えたアプリケーションが簡単に開発できるのが特徴だ。

 今回リリースされた1.1では、WindowsのほかLinuxにも対応し、お互いのOS間でのコミュニケーションも実現された。ほか1.1では、ストリーミング配信、共有空間の操作、相手を見つけるための検索機能の安定性が向上している。

 また今後の展開として、携帯電話やPDAなどモバイル機器への対応、Webとの連携機能、UPnPへの対応などを予定してるという。なお、携帯電話向けのSOBAフレームワークについてはα版が完成したとのことだ。
《安達崇徳》

特集

page top